【漫画】約束のネバーランドの全巻(10巻)あらすじと感想や評価まとめ

週刊少年ジャンプで連載中の漫画「約束のネバーランド」。

『このマンガがすごい!2018』

『第63回小学館漫画賞』

など、数々の賞を受賞した、白井カイウ先生原作、出水ぽすか先生作画の漫画です。

この記事では「約束のネバーランド」全巻(10巻まで)のあらすじと評価、そして読んだ人の感想などをまとめていきます。

約束のネバーランドの見どころや面白いポイント

サスペンスにホラーの要素が取り入れられた漫画ですが、絵がとても綺麗で可愛らしく描かれているので読みやすいです。

ただ可愛いだけでなく、その可愛さゆえ恐怖をそそるシーンも多々ありドキドキされられます。

ストーリーの設定は、わかりやすく矛盾を感じる事なくすんなり入り込むことが出来ます。
心理戦、頭脳戦、多くの謎と伏線。

衝撃的な展開や緊迫した雰囲気に、どんどん引き込まれていきます。

現実的な社会の非情さなども盛り込まれていて、大人でも楽しめる作品です!

 

約束のネバーランドのあらすじと総合評価&感想

「約束のネバーランド」の各巻のあらすじはこのページの途中にてまとめています。

最新刊や各巻のあらすじや評価、感想などが気になる場合はチェックしてみてください。

まずは「約束のネバーランド」のあらすじ全体や評価と感想から紹介します。

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazon全巻(10巻)平均評価

(4/5)
あらすじ・内容
グレイス=フィールド ハウスという小さな孤児院で10年もの間暮らしているエマ。ある日、共に暮らすコニーが施設を巣立つ日がやってきた。コニーの忘れ物を見つけ届ける事にしたエマとノーマンだったがコニーが見つけられず、車の荷台に置いておこうと近づくと、そこにはコニーの亡骸が。驚く声を聞きつけやってきたのはなんと鬼だった。コニーが食肉として出荷されるのを目の当たりにし、自分達は鬼に食べられるために育てられていることを知る。エマ達は力を合わせてここから逃げ出す事を決意。無事この農園から逃げ出せるのかーー?!

約束のネバーランドの感想まとめ

感想1
細かい部分まで丁寧に描かれている。一見、少年漫画じゃ無くて少女漫画じゃない?と思わせるような絵のタッチだけど、この絵がホラーの要素を緩和したり、増幅させたりしてて良い!なんと言っても、恐怖を煽るときのキャラクターの表情も描写がたまらなく良いです。可愛い絵だからこそ、怖い!笑
感想2
漫画を読んでいても全く矛盾を感じずスンナリと物語に入っていくことが出来ます。主要キャラクターは少なくて覚えやすいし、設定もとても分かりやすくて◎!
感想3
サスペンスをベースにしファンタジーとホラーの要素を少し取り入れた漫画という感じですね。頭脳プレーなところがいい。読めば読むほど、引き込まれてしまいます。
感想4
難しいかと思って避けてたけど、読んだら想像以上に面白かった!表紙の絵からは想像できないストーリーでした。賢い3人が頭脳を駆使して脱出を試みるも、一筋縄ではいかない。見応えのある漫画です!
感想5
興味をそそるスリル満点の舞台設定に、緻密な詳細設定。グロいシーンを使わずとも、スリルや気持ち悪さをしっかりと描いた表現力。これらを全て兼ね備えた漫画だと言えます。

 

約束のネバーランドの全巻あらすじと感想&評価

約束のネバーランドの各巻のあらすじと感想や評価をまとめていきます。

約束のネバーランド1巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4/5)
あらすじ・内容
グレイス=フィールドハウスという孤児院で暮らすエマ・ノーマン・レイ。三人は幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常は突然終わりを迎える。真実を知った彼らを待つ運命とはーー!?
1巻感想1
絵の印象から、ファンタジーものの可愛らしい作品かな~からの一転!鬼!頭脳戦!心理戦!衝撃的な展開と緊迫した雰囲気が好きです。夢中になります!
1巻感想2
平和な世界に見えるのに、違和感や謎が沢山あって、どんな展開になるのかとても興味を誘われる話でした。少しずつ明かされていく秘密と、裏の顔。ハラハラドキドキします!

 

約束のネバーランド2巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
全員で逃げ出す為に訓練を始めるエマ達。イザベラを出し抜くため、森で鬼ごっこを始める。ノーマンを鬼にし、レイがアドバイスをすることで、戦術性が増していく。だが、内通者がいるという事実が発覚!?子供たちの心理戦は続く。そんな彼らに監視者・クローネの魔の手がーー!?
2巻感想1
目まぐるしく話が進んでいく。こうかと思えば違っていて、どんどんと情報が重ねられる。内通者?裏切り?ハラハラする展開でした!ついていくのがやっと。面白いんだけど、体力が奪われる〜。
2巻感想2
2巻で中だるみし、失速するものも多い中、本作品はそんな事なく楽しめました。それにしてもシスター怖い!明かされる秘密がまだまだ出てくるだろうと思うとわくわくします。

 

約束のネバーランド3巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(5/5)
あらすじ・内容
ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。駆け引きから、イザベラが遂に仮面を脱ぎ捨てる!!脱出計画は下見まで進められたが、彼らを待ち受けていたのはーー!?
3巻感想1
一日一日の内容が濃くて、話の流れがゆっくりに感じる。上部との繋がりが世間での生き残りの確率を上げるのは、どんな世界でも同じか〜。久しぶりに泣けた漫画。
3巻感想2
脱獄をするためのシスターとの駆け引き。本当の顔を見せたママ。必死に戦う子どもたち。とにかく、怖い。そして、むごい。そこしれぬ闇を感じる。期待を裏切らない面白さ最高!

 

約束のネバーランド4巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
遂に出荷を宣告されてしまったノーマン。対策を考えるがどうする事も出来ず…残された時間は、あと僅か。全ては閉ざされ絶望的にみえたが…3人が出した答えとはーー!?
4巻感想1
畳み掛けるような怒涛の展開に最後のフィルの引き、面白すぎる!物語はテンポよく進むし、飽きさせない質の高い漫画だなと思います。この巻の表紙は今までで1番好きです。
4巻感想2
エマ、レイ、ノーマンの友情が遂に試される時が来る。大人を欺き、仲間すら欺く脱獄計画の行方は一体どうなる?次から次へと謎や秘密が積み重ねられてて、どんでん返しに伏線たっぷり。読み応えがある漫画ですね。

 

約束のネバーランド5巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4/5)
あらすじ・内容
訓練の成果もあり、脱獄に成功したエマ達。警報が鳴り響き、鬼の追手が放たれる中、僅かな手掛かりを頼りに進んでいく。しかし、外に待っていたのは自由ばかりではなかった…
5巻感想1
あきらかに4巻以前とは趣が異なる今作、ここからが本当の始まりって感じ。完全に悪として描かれていたイザベラの本心とちょっとした過去が明かされ、完全な悪ではなかったんだとわかって良かった。後半からはサスペンス要素が強くなる。さぁ、どうなっていくんだ〜。
5巻感想2
あんなに怖かったイザベラだけど、子ども時代の体験や、感情を知って一気に情が湧いてきて泣けた。ここまでは頭脳戦だったけれど、これからはファンタジー色が強くなっていくのかな?

 

約束のネバーランド6巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4/5)
あらすじ・内容
エマたちを待っていたのは、過酷な外の世界。出会った謎の少女が世界の真実を告げる…一方、レイを鬼の追手が完全包囲する。彼の運命はいかに!!
6巻感想1
世界の真実を知り、目的地にたどり着くエマたち。そこに待っていた謎の男は?またしても続きが気になる終わり方!切り方うまい!
6巻感想2
シリアスがほとんどだけど、時々挟まれるちょっとしたギャグの要素がうまい。あと、主人公以外の登場人物の考えや意志もフォーカスされてる所が物語の深みを増していると思う。

 

約束のネバーランド7巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4/5)
あらすじ・内容
希望を抱いてたどり着いた場所に居たのは、求める人ではなく謎の男だった。彼の正体とは一体!?エマ達は手がかりを求め新たな旅へ出る。
7巻感想1
希望を抱いてたどり着いた目的地。そこ待っていたのは謎の男だった。13年間外の世界で暮らしていた謎の男をガイドに希望を求めて、新たな旅へ。 おじさんは旅に同行してくれているけど、味方ではないという所が面白い。
7巻感想2
今巻は珍しくハラハラ度が落ち着いてた。なんとなく小休止のような雰囲気だけど、エマとレイが行く先はどうなっているのやら。次巻はハラハラ度がUPしそうな予感。

 

約束のネバーランド8巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.8/5)

 

Amazonの評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
エマが捕らわれ狩庭へ。地獄のような状況下でエマが決断し、望んだ未来はーー?!一方、レイとオジサンは、エマを助けるため動き出す。繰り広げられる命を懸けた戦い。
8巻感想1
また新たな地獄に投げ込まれる展開。これでもかってくらいどんどん話が広がっていく。どっかで裏切る人とか出てくるのかなと思ってどきどきしながら読んでる。
8巻感想2
キャラクター達の成長と更なる試練の繰り返しだが、物語全体の進展も匂わせる巧みな引きもある。個人的にはホラー・サスペンス要素を強めに押し出した展開を期待。

 

約束のネバーランド9巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(4/5)
あらすじ・内容
仲間に導かれて秘密の部屋へと入ったエマは、閉ざされていた扉の鍵を開ける。その先にはエレベーターが…そして、遂にW・ミネルヴァの正体が明らかに!?いよいよ鬼との対決が始まる!!
9巻感想1
遂にミネルヴァの謎が明かされた!そして対決のゴングが鳴り響く。鬼との狩り対決開始!もう誰も死んでほしくないな〜。
9巻感想2
ついに来たる、反逆の時。今まで一方的にやられるだけだった子供たちが反撃に出ます。そして、明らかになるミネルヴァの真意。エマはどのような選択を下すのか。次回も気になります。

 

約束のネバーランド10巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4/5)

 

Amazonの評価

(3/5)
あらすじ・内容
始まった人対鬼の壮絶な戦い。仲間達が次々と倒れていく中、エマは目の前の強敵・レウウィスと対峙する。戦わない道を提案するエマだがーー!?
10巻感想1
鬼と子ども達による壮絶な殺し合いにもいよいよ終わりか。生き残るのは鬼か子ども達か。この緊迫感はこの作品だからこそ出せる面白味。エマ達に幸あれ。次巻に期待。
10巻感想2
10巻になっても中だるみすることなく、むしろ展開が早く、面白くなっている。鬼たちに反撃を開始したエマたちだが、ハラハラドキドキ、次にどうなるかと思うと心臓に悪い。

 

まとめ

以上、約束のネバーランドの全巻(10巻)のあらすじや評価と感想まとめでした。

世界観が細かく設定されいて、まだその一部しか解明されておらず、ストーリーは伏線がびっしり張られて、それがひとつづつきちんと回収されるのでストーリー重視の人にはドハマリする漫画だと思います。

またストーリーの緩急が激しく、絵もきれいなので引き込まれますよ!

タイトルの「ネバーランド」とはどこにあるのか。 この世界の謎は解明されるのか。

エマたちは生き残ることができるのか。

1巻を読んだら止まらなくなるので、ぜひ約束のネバーランドをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください