【漫画】進撃の巨人の全巻(26巻)あらすじと感想や評価まとめ

別冊少年マガジンで連載中の漫画「進撃の巨人」

2011年に講談社漫画賞の少年部門を受賞。
アニメや豪華キャストによる実写映画化もされている大人気の漫画です。

この記事では「進撃の巨人」全巻(26巻まで)のあらすじと評価、そして読んだ人の感想などをまとめていきます。

 

進撃の巨人の見どころや面白いポイント

独特な世界観、細かく作りこまれた設定、謎解き要素や伏線が沢山ちりばめられていて、どんどん引き込まれていきます。

不気味なタッチで描かれる作画が、人々の絶望感を絶妙に表し、恐怖が募ります。
巨人達との戦いは迫力満点です!

戦闘シーンばかりではなく、家族や仲間同士の思いや、人対人の争いも描かれていたりと、感動的なシーンも多々あり、読み応えのある漫画です。

 

進撃の巨人のあらすじと総合評価&感想

「進撃の巨人」の各巻のあらすじはこのページの途中にてまとめています。

最新刊や各巻のあらすじや評価、感想などが気になる場合はチェックしてみてください。

まずは「進撃の巨人」のあらすじ全体や評価と感想から紹介します。

総合評価
管理人の評価

(4.7/5)

 

Amazon全巻(26巻)平均評価

(4.3/5)
あらすじ・内容
約100年前、人類の前に突如大量の巨人が現れた。
巨人の出現により、滅亡寸前となった人類は「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」という巨大な三重の壁を作り、壁の内側で暮らしていた。その後人類は、約100年平和に暮らしていた。その頃、エレンは父グリシャ、母カルラ、幼馴染ミカサと共に「ウォール・マリア」で暮らしていた。そんなある日、壁を覆うぐらいの超巨大な巨人が現れ、安全だったはずの壁の一つ「ウォール・マリア」が破壊されてしまう。破壊された穴から他の巨人達も次々に侵入し、多くの死者が出てしまう。運悪く捕まった母カルラは、エレンの目の前で巨人に食べられてしまう。エレンは憎しみを胸に巨人への復讐を誓う。エレンはミカサともう一人の幼馴染アルミンと共に巨人と戦うことが出来る調査兵団になるため、訓練兵団に入団する。それから3年、卒業した3人は調査兵団へ入団し、巨人達との戦いが始まった。

進撃の巨人の感想まとめ

感想1
絵はあまり上手とは言えませんが、その下手さが逆に不気味さや恐怖を増大させてていい具合。ストーリーの構成はとても上手だと思います。細かく作られた設定や、独特な世界観に、引き込まれちゃいました。次巻が待ち遠しいです。
感想2
人対人の醜い争いであったり、熱い友情であったり、巨人との戦いだけではないのでまた違った面白さも兼ね備えていますね。巨人がめちゃくちゃ怖いですが、内容が面白いだけについつい読んでしまいます。
感想3
何度も読み返したくなる漫画です。伏線が多く、読み進めていく中で繋がった時の喜びが凄い。もう少し主人公やヒロインが格好良く描かれてたら更によかったけど⋯装置の設定とか、よく考えられてるな〜と感心しました。
感想4
仲間を思う気持ちに感動する。自分が同じ立場なら立ち向かえるだろうかと考えさせられてしまった。自分よりも大きな物に立ち向かう勇気!かっこいい!
感想5
巨人のインパクトが大きすぎて、ストーリー自体は大したことないだろうと軽視していたけど、まったくそんな事なかった!気づいたら引き込まれていて、次が見たくてしょうがない!

 

進撃の巨人の全巻あらすじと感想&評価

進撃の巨人の各巻のあらすじと感想や評価をまとめていきます。

進撃の巨人  トロスト区攻防戦編(1巻〜4巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazonの評価

(3.9/5)
あらすじ・内容
訓練兵団に入団してから3年、卒業を迎えたエレンの前に再び超大型巨人が現れる。二番目の壁「ウォール・ローゼ」が破壊され、そこからの侵入を防ぐため駐屯兵団と訓練兵団卒業生達が立ち向かう。しかし、エレン率いる班員はほぼ全滅し、エレンも巨人に捕食されてしまう。そんな危機的状況の中、巨人を攻撃する巨人が現れ、危機を切り抜ける。そして、捕食されたはずのエレンが力尽き倒れた謎の巨人の中から無傷で現れーー
1巻〜4巻感想1
話のテンポが良く、設定も細かく作られていて面白いです。絶望感凄いけど、時折挟まれるギャグで笑えます。伏線もたくさん散りばめられていて、謎解きも楽しいです。今後の展開に期待してます!
1巻〜4巻感想2
衝撃的な展開が早い段階で多々あり驚きました。巨人の恐ろしさがすごくわかりやすく描かれていて、すんなり入り込めます。戦いとは別に人々の心情なども描かれていて色々と考えさせられます。

 

進撃の巨人  女型の巨人編(5巻〜8巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.7/5)

 

Amazonの評価

(4.4/5)
あらすじ・内容
調査兵団団長エルヴィンの計らいにより、調査兵団に配属される事となったエレンは、リヴァイ揮下の特別作戦活動班に編入された。同じ頃、同期であるアルミンやミカサ達も調査兵団へ配属される。調査出発からほどなくして、奇行種である女型巨人に遭遇する。女型巨人の不可解な行動から、アルミンは女型巨人がエレンを追っていることに気づく。そしてその行動から、女型巨人の正体を見破ることに成功しーー
5巻〜8巻感想1
遂に巨人たちの縄張りへ。ハラハラドキドキさせられる展開が盛りだくさんです。戦闘シーンは迫力満点で興奮しました!ますます面白くなってきました。
5巻〜8巻感想2
感情移入してしまって、泣ける⋯。何が正解なんだろうか。次から次へと衝撃的な展開を繰り広げてて、謎が深まるばかりだし目が離せない!人間は巨人に勝てるのか!?

 

進撃の巨人  エレン争奪戦編(9巻〜12巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(5/5)

 

Amazonの評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
アニの捕獲を計画する調査兵団だったが、共謀を疑われ軟禁されてしまう。しかし、突如複数の巨人が出現した事で、避難誘導へ向かうため解放される。サシャとコニーは、それぞれの故郷に戻り避難を呼びかけるが、彼らが目にしたのはーーそして、仲間であるライナーとベルトルトから聞かされる衝撃の事実とは!?
9巻〜12巻感想1
またしても恐ろしい展開。それにしても謎が多い。解決してないところに更に謎が加わって頭こんがらがってきた。早く色々解決してほしい!好きなキャラクターが死んじゃうのが悲しい⋯
9巻〜12巻感想2
予想外な展開にビックリ!しかもわりとあっさりとしていたことにもビックリ!笑 一体どうなっていくんだろう。とりあえずここで第1章が終わりなのかな。次作が楽しみ。

 

進撃の巨人  王政編(13巻〜17巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.7/5)

 

Amazonの評価

(4.1/5)
あらすじ・内容
ウォール・ローゼに穴が開いていない事が判明するまでの間、住民に避難生活を強いた事により壁内の治安が悪化してしまう。山奥に身を隠し巨人化実験を進めるが、中央第一憲兵団によりエレンとヒストリアが拉致されてしまう。さらに調査兵団は王政に対する反逆の疑惑をもたれ、全団員に出頭命令が下る。しかし、ハンジによって兵団によるクーデターを成功させる。エレン達の居場所を突き止めたハンジは、無事2人を解放するがーー
13巻〜17巻感想1
ここからは巨人との戦いが中心ではなく、壁内での内容が中心になっていくのかな。真実を知るための重要な事が次々と明かされていく。やっぱり人間が一番怖いわ。
13巻〜17巻感想2
遂に物語の発端が明らかに。グッとくる展開だった。みんなかっこいい!エレンも絶望的だけど頑張ってほしい。次からまた話が新たな展開を迎える予感。

 

進撃の巨人  ウォール・マリア最終奪還編(18巻〜21巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(5/5)

 

Amazonの評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
ヒストリアが女王に即位し、壁内の産業が活発化した。新たな兵器も開発されウォール・マリア奪還を目指しシガンシナ区へ進撃を始める。破られた扉の封鎖に成功するが、そこには獣の巨人達が待ち構えていた。アルミンの捨て身の作でなんとか難を逃れ、グリシャの手記と写真を回収する事が出来たが、生き残った団員は僅か9名程となってしまう。
18巻〜21巻感想1
運命って残酷だな〜。涙なしでは見られない展開に。究極の選択するのは辛いよね。それにしても、みんな成長したな。負けないでほしい!
18巻〜21巻感想2
アルミンよく頑張った!絶望的すぎる展開に焦ったけど、こっからいい方向に進んでいってほしい。沢山ある謎が解明されて早くスッキリしたい!

 

進撃の巨人  マーレの戦士編(22巻〜25巻)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(5/5)

 

Amazonの評価

(4.4/5)
あらすじ・内容
争いがひと段落した頃、エレンは過去の人物の記憶と交感するようになる。ウォール・マリア奪還から1年が過ぎた頃、調査兵団は壁外調査に出発し、遂にパラディ島の海岸に到達。エレン達は初めて海を見る。遂にマーレの物語とライナー達の過去が語られるーー!?
22巻〜25巻感想1
ライナー達の過去が明らかになってきた。壮絶な人生を送ってきたんだな。彼を思うと、今までの事も責めきれない。切ない話だな。みんな幸せになってほしい。
22巻〜25巻感想2
登場人物が沢山出てきて混乱してきた。何が正義で何が悪なのか、誰が敵で誰が味方かもよくわからなくなってきた。こっからどうなっていくんだろう。先が読めない。

進撃の巨人  26巻(最新刊)のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(5/5)

 

Amazonの評価

(4.6/5)
あらすじ・内容
パラディ島の脅威を全世界へ向け説くマーレ。そこにエレンが現れる。エレンは暴走し、軍へ大打撃を与える。あっけなくやられる獣の巨人。しかし、その裏には、隠された陰謀が?!仲間の死、深まる溝⋯果たして世界を救うことが出来るのか!?
26巻感想1
単に巨人に立ち向かう人間達の話だったのが、戦争のようになってきた。どちらも、正義の為に!思って戦っているから複雑すぎる。何が正解なんだろう。
26巻感想2
今回もまた切ない巻。エレンはどうしたいんだろう。エレンの行動により友情にも亀裂が入り掛けちゃってるし、続きがきになる。早く終結してほしいー!

 

まとめ

以上、進撃の巨人の全巻(26巻)のあらすじや評価と感想まとめでした。

荒々しい絵が恐怖心や絶望感を巧みに表していて、いかに巨人が恐ろしいのかがわかりやすく、すぐに入り込めます。

ストーリーのテンポも良く、設定もしっかりしているし、感動シーンやちょっとした笑いも含まれていて、とても読み応えがある漫画です。

1巻を読んだら止まらなくなるので、ぜひ進撃の巨人をチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください