【漫画】のんのんびよりの全巻(12巻)あらすじと感想や評価まとめ

月刊コミックアライブで連載中の漫画「のんのんびより」

同じく月刊コミックアライブで連載された「こあくまメレンゲ」の作者あっとの漫画です。

この記事では「のんのんびより」全巻(12巻まで)のあらすじと評価、そして読んだ人の感想などをまとめていきます。

 

のんのんびよりの見どころ・面白いポイント

こののんのんびよりはド田舎にある分校を舞台に、全校生徒5人が繰り広げるド田舎ライフストーリーです。

見どころは5人のキャラクター。

独特の雰囲気を持つ彼女たちは可愛さやシュールさを兼ね備えたキャラクターとなっています。

面白ポイントは季節ごとに繰り広げられるイベント。特に大きな変化もなくのんびりとまったりと進んでいくストーリーに癒されている自分がいるはずです。

 

のんのんびよりのあらすじと総合評価&感想

「のんのんびより」の各巻のあらすじはこのページの途中にてまとめています。

最新刊や各巻のあらすじや評価、感想などが気になる場合はチェックしてみてください。

まずは「のんのんびより」のあらすじ全体や評価と感想から紹介します。

総合評価
管理人の評価

(4.3/5.0)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
とっても田舎にある学校「旭丘分校」には、中高合わせて全校生徒は5人しかいません。みんな家の鍵は閉めないのは当たり前。たぬきはよく出るというどこか不便だけど、でも何だかんだで気ままに過ごしています。『こあくまメレンゲ』のあっと先生が描く、ド田舎の学校に通う少女たちのまったりライフを描いた漫画です。

のんのんびよりの感想まとめ

感想1
田舎の描写がリアルなのんびり日常系漫画。田舎あるあるな友達の兄妹まで友達!みたいなコミュニティの狭さに笑った。ゆるい雰囲気嫌いじゃない。お兄さんの登場が一番少ないけれど、かなりお気に入り。皆可愛いし癒される。
感想2
日本の何処かにあるという田舎の学校に通う女の子たちの日常を描いた漫画。 どのキャラクターも個性的な味をもっていて、独特なテンポの日常が、大自然といえば聞こえのよいど田舎の風景のもと過ぎて行く。全校生徒の人数が少なすぎて、小学生から中学生までが混在するクラスの雰囲気は独特な感じ。女の子たちはみんな可愛く、ほのぼのギャグといった感じ。
感想3
いい具合に田舎の閉鎖感が出ていて読んでいて気持ちの良いマンガだった。普通、こういうマンガって大体、引っ越してきた都会人の視点とかカルチャーギャップを基準に描かれるものだけど、これはそのままの日常を描いていて面白い。
感想4
絵がなかなかかわいくて魅力的。ギャグがすごく面白いとか、思い切ったストーリー展開があるというわけではないけど、なんとなく雰囲気で楽しめる作品です。反面、引きが弱くて、すぐにでも続きが読みたいという気にはならない。続きはまた気が向いたときにでも手に取ってみようという感じ。
感想5
どのキャラも良い味出てる。こういった作品では当然のような気もするがそこに田舎要素がうまくマッチしていて、このまったりとした空気感が出ていい感じに仕上がっているように感じました。

 

のんのんびよりの全巻あらすじと感想&評価

のんのんびよりの各巻のあらすじと感想や評価をまとめていきます。

のんのんびより1巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.0/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.4/5)
あらすじ・内容
両親の都合で東京から引っ越してきた小学5年生の一条蛍。彼女が通うことになったのは、全校生徒5人だけの「旭丘分校」。ひとつのクラスに小学生と中学生が混在しているのだ。見渡す限り豊かな自然と田畑が広がり、信号機の1つもなくバスに至っては5時間に1本しか来ないという、まごうことなき田舎。蛍はこれまでの生活とは全く異なる田舎の様子に驚かされながらも、宮内れんげ、越谷夏海、越谷小鞠ら同じ学校へ通うちょっとおかしな少女たちとみんなで楽しくまったり日々を過ごしていく。

のんのんびより1巻の感想まとめ

感想1
なかよし4人組の中で最下級正のれんちょんが飛ばしてくれています。ヒロインのほたるん以外はみなテンションが高い!!その中でも若干抑え気味なれんちょんが笑わせてくれます。全巻集める予定です。
感想2
ストーリーうんぬんよりも背景が主役の漫画なんじゃないかなと思わせるくらい手を抜かずに描かれた背景。ストーリーも面白いのでそこに安らぎを感じる作品で読んでいて癒される。

のんのんびより2巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.3/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.9/5)
あらすじ・内容
田舎にある学校「旭丘分校」には、全校生徒が中高合わせて5人のみ。平穏な日々がまったりと過ぎていくだけの学校生活もなんだかんだで夏休みに突入。自由研究やラジオ体操、みんなで海水浴へいったりと夏休みの楽しい日々。とっても豊かな大自然に囲まれて、豊かに日々を過ごす少女たちのゆるゆるド田舎コメディ。

のんのんびより2巻の感想まとめ

感想1
なんにも考えず、ただ感じるままにつらつらとページをめくっていくうちに、不思議と草の匂いと夏の風が吹いてきて、蝉の声がしみ通る。読む人それぞれの故郷音が聞こえてくる感じ。そんな感じがとっても心地好い2巻です。
感想2
何よりもまず絵のきれいさが見やすくて読んでいて疲れません。それに加えてこのほんわかした雰囲気が精神的に癒やしてくれます。それぞれの個性が活き活きと、描かれていて見ていて清々しいです。
れんげのセミに対する反応には吹き出しましたし、小鞠の訛りは新鮮ですごく良かったです。
夏の香りを感じるとても好印象な作品で、のんびりしたい方に特にお薦めです。

のんのんびより3巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.7/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(5.0/5)
あらすじ・内容
ついに夏休みが終わって二学期に入った旭丘分校の季節はいよいよ秋へ。みんなで菜園の収穫をしたり、写生に出かけてたり…。相変わらずのまったりな日々が過ぎていきます。そんな中、生徒5人のド田舎学校へまさかの文化祭の日がやってきた。少女たちのゆるゆるでまったりな毎日が、疲れた心にゆるっと届く。

のんのんびより3巻の感想まとめ

感想1
どのコマを見ても絵がとても丁寧です。話の内容はほのぼのしていますのでとてもなごみます。今回は駄菓子屋のお姉さんも活躍していますが、
さりげなくモブキャラが活躍するのが楽しみです。いつも感心するのは蛍さんの小学生らしい服装。
各話ごとに着こなしています。このあたりの描写とこだわりはさすがだなと思いました。
感想2
相変わらず絵が素晴らしいですね。特に背景に力が入っていて一コマ一コマに見入ってしまいました。内容も季節が変わりましたがほのぼのとした日常が展開されていて心癒されます。
キャラが皆可愛くていいですね。今巻も非常に楽しめました!

のんのんびより4巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.5/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.7/5)
あらすじ・内容
超ど田舎にある全校生徒5名の「旭丘分校」にもついに冬が到来。雪化粧に彩られた山里で過ごす冬は、年賀状作りや初日の出、初詣にスキーとお正月イベントが目白押し。行く年も来る年も、みんなといれば毎日楽しい!!そんな少女たちのゆるゆるな日常。

のんのんびより4巻の感想まとめ

感想1
この漫画は絵を見ているだけでも満足させられるくらい手が込んでいる。
キャラも変に大人びたり萌え萌えしていないところが実にかわいい。
蛍は大人っぽいが、それでもやはり小学生だと感じる。
小鞠は幼い印象だが、それでもやはり中学生のお姉さん。
田舎の風景と併せ、そういったところにも「和み」を感じさせられる。
コメディーではあるけど、クスッと楽しくさせられる漫画だと思う
感想2
今回の 4 巻は、冬、雪、という要素を扱いながらもクリスマスをスルーしているあたりがこの作品ぽさを感じることが出来ました。都会で日々暮らしていると、たまに田舎へ行ったときの夜空のクリアさに普段見ている夜空と比較してつい嘆息してしまいます。それも小学生の感性だとまた違ったことになるのだろうな。

のんのんびより5巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.7/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(5.0/5)
あらすじ・内容
全校生徒たった5人の「旭丘分校」にも、雪解けとともに芽吹きの季節が到来します。そんな春の足音が聞こえる山里で相変わらずまったりライフの少女たちに癒されます。山菜を採ったり、お花見をしたり、お魚も釣っちゃいますよ。春の楽しみ方を再発見させてくれる第5巻です。

のんのんびより5巻の感想まとめ

感想1
安定した笑いと癒しを与えてくれほっとさせてくれる作品です。今巻は何と言っても駄菓子屋とれんげコンビの話が面白かった。このコンビが本当に好き。初期設定なども載っていて凄く満足の内容でした。
感想2
駄菓子屋と赤ん坊のれんげの組み合わせがかわいすぎて萌えた。あとがき曰く一穂と越谷母の年齢差がれんげと駄菓子屋の年齢差と大体同じということなので、その辺の過去話とかも読んでみたいなぁと思った。

のんのんびより6巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.2/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
全校生徒たった5人の「旭丘分校」にも、新緑美しくなる初夏が再びやって来た。そんな山里でいつもと変わらない、相変わらずまったりと過ごす少女たち。片付けをしたり、生き物に触れてみたり。そして天体観測もしてみたりと。そしてまさかのイベントが発生!? そんな5巻は少女たちのちょっとした成長が見えるかもしれないですよ。

のんのんびより6巻の感想まとめ

感想1
虫の集る自販機とか灯りなしでは歩けない真っ暗闇とか田舎あるあるな風景が描かれていて良い。ど田舎の退屈さをただ語るでもなく、賛美するでもない。単に友達がいれば楽しいくらいに描いているのがほんわか楽しい。。
感想2
なっつんとほたるんのいままでになかった組み合わせ!新鮮な会話も読めて面白い。結果、ほたるんはやっぱり小学生なんだなあと思いました。そして田舎が舞台ならではのデパートの回。日頃の行いがいいので、福引で沖縄旅行が当たります!!沖縄の話は次巻に持ち越しなので早く読みたい!

のんのんびより7巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.2/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
全校生徒たった5人の「旭丘分校」は、ただいま夏休みまっただ中! お兄ちゃんの大活躍により、一同は沖縄旅行へ行くことに!! 初めての旅行でどんな発見があるのか!大自然を前に期待高まるれんげ達はマイペースに旅行を満喫♪ イメチェンしてみたり、ちょっと背伸びしてみたり、魅力的な穴場を見つけたりします。夏休みをのびのび楽しむほのぼの癒される第7巻。

のんのんびより7巻の感想まとめ

感想1
沖縄編、どんな珍道中かと思ったが自然からの自然。だったので割と普通に観光旅行だったかな。とはいえ舞台が変わった新鮮味が加わり、これはこれで楽しめた。昔は近所にホタルいたなぁ〜とか、宝物にしてた物とか、ノスタルジー成分多めの後半も良かった。
感想2
沖縄編突入の7巻。沖縄編もしっかり楽しめた。けど小吉さんの話も良かった。話の流れもうまいし、コマ割りも秀逸。「あとで後悔しても遅いから」の一言がこころに刺さるよ。後悔しっぱなしです!

のんのんびより8巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(3.7/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(3.9/5)
あらすじ・内容
全校生徒たった5人の「旭丘分校」に二度目の秋がやってきました! 定戦で熱くなったり、山に木の実を取りに行ったりとド田舎での毎日は変わらずのんびり満喫中♪ そんな中、今までは見えなかったそれぞれの意外な一面が垣間見えてきて…。 いつもの5人に加えて旭丘分校OGメンバーも活躍する8巻です。

のんのんびより8巻の感想まとめ

感想1
てるてる坊主で大わらいして、ほたるんの家での素顔にニヤニヤ。駄菓子屋の愛に微笑ましくなる。という様々な笑いがぎゅっと凝縮された第8巻。てるてる坊主は卑怯だわ~。のんのんびより屈指のお笑い回だと思うよ。
感想2
れんげが風邪をひいた時のエピソードがとってもよかったです。電話で聞いてたからマッハでお見舞いに向かう駄菓子屋はれんげの事が好きなのかな?二人のやり取りを見ていると微笑ましくなります。

のんのんびより9巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.6/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(5.0/5)
あらすじ・内容
れんげ・蛍・小鞠・夏海たちが暮らす旭丘に二度目の冬が到来しました。雪遊びをしたり、お泊り会をしたり、お年玉をもらったりなどのどかな冬の日常がそこにはあります。ド田舎で暮らす4人ののどかな日常をお楽しみください!

のんのんびより9巻の感想まとめ

感想1
れんちょんの無邪気さがたまらなくカワイイ。駄菓子屋との親子っぽいやりとりも大好き。お年玉あげたり手錠で捕まったり。ひかげが出る回にハズレなし!妹にドン引きされてもお年玉を欲しがる姿は面白かった!!
感想2
相変わらずの季節感たっぷりで癒されます。年末年始のお話しで、ちょうど読んだ時期ともぴったり重なったので余計に感動。ひか姉のダメ人間ぷりとなっつん駄菓子屋の意外な仲良し振りが良い。それとれんちょん、背伸びてないかな?

のんのんびより10巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.1/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(3.9/5)
あらすじ・内容
雪の季節も深まってきました。波乱の授業参観が行われます。ひな祭りも近づいてみんなも大喜び!ひな祭りの写真も撮ってみたりとみんなで盛り上がります。小鞠のカレー作りも楽しみな第10巻です!!

のんのんびより10巻の感想まとめ

感想1
節目となる10巻も相変わらずの雰囲気で進行していました。個人的には授業参観の徐々に破滅へと向かっていく感じとか夏海のトラブルメーカーとしての存在が遺憾なく発揮されてる話が好きだな。普段とは違う子供としての蛍を描く話は今までにも何回かあったが、72話はそこを少し捻ってきてこのみと絡ませている展開が安定感を感じ抜群だ。
感想2
こまちゃんは本当に可愛い!! いや、子供モードのほたるんの方が更にかわいいかな。そしてこのみさんの胸に飛び込みたい!!抱っこまでって 天使か!しかし、ほんとこまちゃんはお子ちゃまだ。料理はぜんぜん駄目だし、一人でお留守番も出来ない。……何なら出来るのん?

のんのんびより11巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.4/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.6/5)
あらすじ・内容
ド田舎にある旭丘分校に春がきました。ゴールデンウィークなのに宿題を出された少女たちは不満をぶちまけ…。ついには宿題をボイコットするもボイコットをするということに対しての重圧に耐えかね、結局宿題をするという彼女たちに笑いあり、癒しありの11巻です。新キャラ登場にも期待!

のんのんびより11巻の感想まとめ

感想1
2周目の春が来た。分校の生徒ではないが新キャラが登場して響けフルート。ところで、9年前の分校に他に生徒はいなかったのでしょうか。いたとしても今のお兄ちゃん並に存在感が薄井くんだったのかな。
感想2
なんか新キャラが増えたのでうれしい。このみちゃん好きなので出番が増えるといいな。
そして、新キャラが増えても相変わらずのシュールさ。筆頭はれんげだが…
つーか、れんげは成長したときのこと考えると怖いわ!

のんのんびより12巻のあらすじと評価&感想

総合評価
管理人の評価

(4.2/5)

 

Amazon全巻(12巻)平均評価

(4.5/5)
あらすじ・内容
ド田舎にある旭丘分校の夏。イモリを取ったりキャンプへ行ったり自由研究で悩みまくったり家庭菜園をしたりと相変わらずの彼女たち。シュールなお話も満載で今回も楽しませてくれます。夏のイベントたっぷりな12巻。

のんのんびより12巻の感想まとめ

感想1
今巻はわりとキレイに落ちている話が多くて読みやすかった。イモリは一杯捕まえたなぁ…。心の準備、太陽のえぐみ、人生って自分との戦い、成長の見られない姉の観察日記、などなど、面白ワードに面白ポイントも多くて楽しかった。お姉さん扱いされて戸惑いながらも誇らしげなれんげと、それを見守る駄菓子屋のシーンはなかなかグッときて感動。
感想2
最近はのんびりした話が多かっただけに今巻は本編とおまけの勢いがあって面白さ倍増。そして可愛かった。 前巻からの新キャラ、あかねちゃんも少しづつ既存メンバーと合流しそうなので今後が楽しみ。 小5でこのコマグルミの性能は凄まじいなぁ……。

 

まとめ

以上、のんのんびよりの全巻(12巻)のあらすじ評価と感想まとめでした。

終始のんびりとした世界観に誰でも癒されることだと思います。

そして数々の田舎あるあるに懐かしさを覚える人も、初めて知ったという人もいると思います。面白さの中にもシュールさを兼ね備えているのんのんびよりはあなたをくすりと笑わせてくれることでしょう。

ド田舎で過ごす彼女たちの今後にも期待です。ぜひのんのんびよりをチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください